Cover Glass Breaker 〜カバーガラスブレイカー〜

「新人研修中にでき婚」・「入社二年目で使えない烙印を押される」というヘビーメタルな人生を歩むも、日々もがき続けて最短昇格を果たす!このブログではもがき続けた中で得られた「気づき」や「仕事の進め方」をメインに、「書評」・「子育て」・「メタル」などをサブとして、悩める若手の後押しに貢献できるように情報発信していきます

圧倒的使えなさ!!!(泣) メタルクのダメダメ若手時代!!!

もし「使えない人認定試験」というものがあったら、昔の自分は最短合格している自信があります!!!(泣)

そんなメタルクのダメダメだった若手社員時代を語っていきます!!

読んだあとに

「メタルクってアホだな(笑)」

と思う人が大半だと思いますが、万が一共通するポイントがあった場合、本ブログの内容で仕事の質が大きく変わる可能性もあります!!!

ということでまずは傷を舐めあっていきましょう!!(笑)

■入社時〜研修時代
私の代は約400人の新入社員がおりました!
周りを見渡すと自分より遥かに高学歴な同期が多く、

「自分は他の人に比べて一段と頑張らなくてはならない!」

と意気込んでいたのを覚えています!

そして、すぐに3ヶ月間の工場実習が始まりました!

実習ではグループワークがあり、頭の良い優秀な同期がリーダーシップを発揮し、みんなを引っ張って活躍していました!

その反面、自分は楽な方に見を任せる癖が出てしまい、指示に従うだけの「完全な指示待ち人間」になっていました!

今振り返ってみると、自分は工場実習に対して明確な目的を設定できていなかったため、

「実習内容=作業」と考えてしまい、指示を待ち続けていたんだと思います!

こんな感じで実習していては、成長するわけがありませんよね!!!

この態度で実習に臨んでいた結果、すでに優秀な同期とは差をつけられている状態から本配属となってしまいました。

■本配属
私は研究職以外を志望して入社したのですが、配属された部署は研究室でした!!!(笑)

更に、私が本配属された部署は黒い噂が多い有名な部署でした!

例えば
・新人が2年以内にやめる or 自主異動する
・職人気質のため完全放置主義の職場
うつ状態の人が3人は確実にいる
・人格攻撃(嫌味や罵声)あり
・上司に嫌われると評価が最低ランクになり昇格できない

こんな感じですかね・・・
この噂を聞いたときに「メンタルが壊れる前に異動しよう」と思ったことを覚えています!

ですが、これでもだいぶマシになった方らしいですよ!!!(笑)
絶対嘘ですよね!!!(笑)

管理部門の配属フォロー担当の方からは「君は何年持つかな?」と言われました(笑)


■配属後
配属後は振り分けられた簡単な仕事は無難にこなしていました。
しかし、次第に研究や資料の作成などの業務が入ってくると、どんどんダメダメ社員の頭角が現れてきました!!!

報告資料が上司に好まれる構成でなかったため、やり直しになったり・・・

発注が遅かったため、必要な部品が間に合わず計画が遅延したり・・・

装置の点検をしっかりとしなかったため、装置が故障したり・・・

上司の指示を理解できておらず、見当違いな仕事をしたり・・・

自分としては頑張っていたのですが、すべて空回りでした!!!

よく上司に
「なぜ確認しないんだ!!!」
「もっと自分で考えろ!!!」
「余計なことをするな!!!」
「仕事の優先順位がなっていない!!!」
「自分が頼んだのはこれではない!!!」
「常識だろ!!!」
「だから、ダメなんだ!!!」
「もういい、あとは俺がやる!!!」
と言われていましたっけ・・・

最終的には信頼されなくなり、いつも詰問という名の人格攻撃をうけていました!


当時はよく
「考えろって何を考えればいいんだ!!!」
「仕事をきちんと教えてくれよ!!!」
「一生懸命頑張っているのに、自分はダメなんだな・・・」と思っていました

そして、このような状況がしばらく続いていました・・・


■新人成果発表まで
弊社では新人成果発表というものが設けられています。
そのため、1年目の12月頃に研究計画発表、2年目の5月に成果発表が設定されていました。

計画発表の方は研修で習った方法を真似することで、無難な計画を立てて乗り切ることができました。

しかし、研究の右も左もわからない素人が立てた計画通りになるはずもなく・・・

ほしい結果も得られず、計画は無いもの同然となり、
挙げ句の果には装置が故障し、実験ができなくなりました!!!

いや〜〜〜〜完全に詰んだと思いましたね(笑)

いや〜〜〜〜おしっこ漏らしそうでしたよ(笑)

いや〜〜〜〜胃が痛くて吐き気が止まりませんでしたよ(笑)

本番一週間前にたまたま会った同期は「あとは資料を微調整するだけ」だってさ・・・

自分なんか3ページしかできてないぜ!!!
キリッ!!

追加実験をする時間も無いので、結局はあるデータでそれっぽいものを作り上げるしかありませんでした。

どれでもなんとか(日曜に自分の幽霊が出勤していたおかげで)発表当日に形だけは80%の完成度になっていました

そして、発表直前に資料を完成させ、ほとんど発表練習をすることなく、発表に望むことになりました!!

大量の脂汗をかきしどろもどろになりながらも、なんとか頑張って発表をしていましたが、

発表途中で進行の方がリモコン付きレーザーポインターの電池確認をしたせいで、表示されているスライドがシャッフルされるというアクシデントもありました!!!

それに気づいた瞬間、頭の中もシャッフルされて、軽いパニック状態になってしまいました!!!

その後は、あまり覚えていませんが、なんとか発表を終えることができました!!!

多少の達成感がありましたが、一番強く残った気持ちは「頑張っていたのに、どうしてこんな目にあっているのか」でした。

あと、自分がこんなレベルだったからだと思いますが、翌年から発表時期が7月に変更されるという爪痕を残す結果になりました(笑) 

■暗黒時代(入社二年目)
成果発表が終わった後は、先輩とツーマンセルで業務に取り組むようになりました。

ですが、この先輩は頭も良くて人も良いのですが、自分と同じで面倒事を避けてしまう特徴がありました。

面倒事を避ける人だけで仕事を回すとどうなるかわかりますよね?

小さな面倒ごとが至急処理しなければいけない大きな面倒ごとになって帰ってくるのですよ!!!
(ボヤを放っておいたら大火事になったイメージです!!!)

なので、
「応急処置の消火活動」
  ↓
「別の案件が出火し、応急処置の消火活動」
を繰り返す負のスパイラルに突入してしまいました!!!

この状態になってしまうと、
「スパイラルを抜け出すまで、何をやっても効果が出ない時期」が訪れます!!!

そして、どんどん
「やっぱり自分は仕事もできないダメな人間なんだ」
という思いが強くなってきます!!!

同時に先輩に対する
「もっときちんとリードしてくれよ!」
「先が見える実験計画を作ってくれよ!!」
などの憤りも強くなっていきます!!!


こんな他人のせいにしている姿勢では事態が好転することもなく、しばらくはこの地獄の負のスパイラルが続きました!!!!


この状態がしばらく続き、心も身体もどんどん疲れていきました!

■転機
満身創痍の中、仕事を終えて駅周辺のラーメン屋に立ち寄った際、人生の転機が訪れました!!!

立ち寄ったラーメン屋は家系ラーメン屋で、私は「濃いめ硬め」でラーメンを注文しました。

ですが提供されたのは「普通」の状態のラーメンでした!!!

この些細なオーダーミスからある気付きを得たことで、自分の仕事の質は大きく変わることになりました!!!

(詳細は次回!!!)