(裏)入社一年目の教科書

欲しいのは仕事ができるコツじゃなくて、仕事ができる方法なんだ!!!「入社二年目で最低評価」から逆転最短昇格を果たしたメタラーが「仕事の進め方」や「メタル評」・「書評」をお届けします

Step.0-1 心構え編! 仕事ができない人が使う、上司を怒らせる必殺技!!!

皆さん!上司に怒られている人はある共通点が
あるのをご存知ですか?

その人は決してサボっているわけではありません!
本当に頑張っているのです!!!


ですが、努力するポイントを間違ってしまえば、
結果として上司に怒られることになります!


本記事では上司に怒られている人の共通点である
『上司を怒らせる必殺技』をメタルクの
体験談と絡めてお伝えしていきます!!!



仕事がうまくいっていない人に貢献できると
思いますので、是非読み進めてみてください!



★★★

仕事を進めていく上に必要な心構とは・・・


  【上司を怒らせる必殺技を知ること!】



そして、その必殺技とは・・・







  【仕事の目的とゴールを
        自分勝手に解釈すること!】






『怒らせる必殺技を知ってどうするんだ!』
と思う方もいるかもしれませんが・・・


この必殺技を知ることは非常に重要なのです!!!



なぜなら、怒られずに仕事をうまく回すには・・・





  【怒られることと逆のことをやれば良い】



のですから!!!



なので、是非!上司を怒らせる必殺技を
知っておいてください!!(笑)



それでは必殺技を解説していきます!!!



■これまでの復習


これまでの記事でメタルクは・・・


【上司をお客様として考えている】

【怒られないためには、上司に本来する必要の
 ないことをさせないことが重要である】

【そのためには、上司の要求を満たす必要がある】



という考え方をお伝えしてきました!




つまり、【上司の要求を満たせない】仕事の
進め方をしてしまうと・・・



めでたく【仕事ができない人】に認定される
のです!!!



ではどのような行動をすると、
【上司の要求に答えられていない】状態に
なってしまうのでしょうか?





その行動とは・・・














 ★仕事の『目的』と『ゴール』を
         自分勝手に解釈すること★














この一点に尽きます!!!!!!!!





それでは、新入社員のメタルクの実例で、
一緒に理解を深めていきましょう!






■メタルクの実例


ここでは、会話形式で説明していきますね!
「」はセリフ()はメタルクの心の声です!

それではいってみましょう!



〜昼休み後〜


上司
「メタルク君、学会論文集から研究に関連ある
   論文をピックアップし、要約してくれる?」



メタルク
「了解しました!」
(論文調査の優先度は研究より低いはず。
             研究の合間にやろう)



〜定時前〜



上司
「メタルク君、進捗はどうだい?」



メタルク
「そろそろ論文のピックアップが
            終わりそうな状態です」



上司
「ちょっと遅いよ(笑)。
 明後日の会議に必要なんだから、
        早めにまとめておいてくれる?」



メタルク
「わかりました!急いで対応します!」
(優先度高いなら言ってよ〜)



〜翌日〜



メタルク
(今日は論文調査を優先して取り組もう!)


上司
「論文調査の件はどうなってる?」


メタルク
「ピックアップは完了です!
 現在ピックアップした論文を読んで、
             要約を作っています」


上司
「わかった。出来上がったら教えてくれ」


メタルク
(論文の大事なところをわかりやすく
 説明するんだから、図を複数枚貼り付ける
 必要がありそう。)

メタルク
(論文の図を多く貼るから、一つの論文を
      2ページのスライドにまとめよう!)


〜定時の一時間前〜


メタルク
「要約のチェックをお願いします!」


上司
「わかった・・・・」ペラペラ


上司
「全然ダメだな・・・


 まず前提として論文の要約を資料にする時は
             1論文1ページだ!」


メタルク
「すいませんでした!」
(マジかよ・・・なんすか、そのルール(汗))


上司
「あと、論文の選定理由と我々が
 どう使えるかも提示するべきだろう!!!
 しっかりしてくれよ!!」


メタルク
「すいません!」(それも最初に言えや!)


上司
「時間もないから、ピックアップした論文を
 印刷してきてくれ!後は私が作る!!!(怒)」


・・・




いや〜ショックでしたね〜





論文の要約すらまともにできないなんて
思ってもいなかったですよ・・・



思えばこの頃から、上司の機嫌を損ね続けて
いました(笑)



皆さんはメタルクの例を見てどう感じましたか?



なぜこのような事態になってしまったのか、
分かりましたか?



わかった人もわからない人も、
どこが悪かったのか一緒に分析してみましょう!!




■メタルクの例の分析


先程上司を怒らせる必殺技は・・・



 ★仕事の『目的』と『ゴール』を
         自分勝手に解釈すること★



であることをご説明しました!




では、メタルクの例のゴールは何であるか
確認してみましょう!




実は今回の論文要約の仕事には、



【説明されていない明確な要求(ゴール)】
があったのです!!!



それは・・・



 【明後日の会議の前までに、
  特定形式のパワーポイントを用いて、
  論文毎に1ページの論文要約を作り、
  上司の添削を完了して、
  会議で発表できる状態にしておくこと】



です!



いや〜本当に最初に言ってほしいですよね(笑)


言ってくれればお互い楽になるのに、
メタルクの経験上、詳細なゴールを指示して
くれる人はほとんどいないのです!



それでも、当時は自分なりに頑張ろうとして、
不足している情報を自分の努力でカバー
しようとしてたんです!




そのため、当時のメタルクは足りない情報を



  ★自分勝手に解釈して仕事を進めて★




しまったのです!!!!




メタルクの例で自分勝手な解釈をざっと挙げて
みると4つ位あります。
皆さんは気づきましたか?




レーニングとして、少し考えてみてください!




それでは確認していきましょう!




①上司の中では優先度が高いのに、
 論文調査だから理由で勝手に優先度を下げた!

②要約とはわかりやすくする必要があると考え、
 論文の図を大量に入れた2ページのスライドを
 作った!!

③要約なのだから、論文内容をまとめるだけで
 いいと考え、選定理由と論文の使いみちを
 深く考えていなかった!!

④資料は上司に見てもらうだけで良いと考え、
 添削を受ける時間を確保しなかった!!



どうです?
なかなかの勘違い野郎ですね(笑)


我ながら努力の方向性が間違っていたと
改めて痛感しています!



みなさんもこのように勝手に解釈して
しまったことはありませんか?



メタルクの例のように、勝手に解釈して
仕事を進めることで、簡単に上司を
怒らせることができるのです!!!(笑)



よって、実際の仕事では
★自分勝手に解釈しないように情報を集めること★が重要になるのです!!




今回の記事の内容をまとめると









  【依頼された仕事には明確な答えがある。
   それを明確にせず自分勝手に解釈して
   仕事を進めると、上司を簡単に
   怒らせることができる】


ということになります。



次回の記事はこのような事態にならないように、
仕事に着手する前にすべき行動をお伝えして
いきます!


それでは!
今日も一歩前進していきましょう!