(裏)入社一年目の教科書

欲しいのは仕事ができるコツじゃなくて、仕事ができる方法なんだ!!!「入社二年目で最低評価」から逆転最短昇格を果たしたメタラーが「仕事の進め方」や「メタル評」・「書評」をお届けします

Step.1-2 仕事とは最初の一手で全てが決まる!実践編(後半)

「目的とゴールを聞いたら
         早速仕事に取りかかろう!」


と思っているあなた!


     一旦ストップです!!!



まだ、足りていない情報があるかもしれません!
足りない情報がある状態で仕事にすすめることは、
勝手に解釈して仕事を進めるのと同じです!!


ですから、次の行動が必要になります!


 手順②
 【仕事を始める前に足りない
            情報はないか考える】


足りていない情報を考えて確認することで、
自分勝手な解釈が減ります。

その結果、相手の要求に高いレベルで
応えられるようになるのです!



ではどのように足りない情報を考えれば
いいのでしょうか?


それは・・・

 Step.1
  実際の仕事をどのように進めるか
     シミュレーション(妄想)すること!

 Step.2
  進め方がわからないところを抽出すること!


この2stepを行うだけです!


Step.1は仕事の大まかな進め方を妄想します!
仕事は合格点をとればいいので、ざっくりで
大丈夫です!



それでは、Step.1の流れを先程のメタルクの
実例で見てみましょう!


まず復習ですが、手順①でメタルクは
上司に今回の仕事の目的とゴールを確認しました。


その内容は・・・

**********************

 目的は自社とライバル会社の技術力の差を
 把握できる状態にすること

 ゴールは3つ
 ・水曜日の展示会に行ってライバル会社の
  技術力を調査する

 ・同時に、将来ライバル会社になりそうな
  会社も調査する

 ・翌週の金曜日までにA先輩から教えて
  もらった方法に基づいて報告書を作成し、
  上司に提出する

**********************



そして、これらのゴールを達成できる
仕事の流れを考えるのです!


メタルクは今回の仕事の流れを
次のように考えました!

**********************
このゴールを達成するためには・・・

 ①展示会に参加する

 ②ライバル会社のブースを回り調査する

 ③他のブースを回り、将来のライバル会社に
  なりそうな会社がないか調べる

 ④報告書の作り方を聞く

 ⑤報告書を作成して提出する

という行動が必要である!
**********************

このように仕事の大まかな流れをイメージ
するのです!


心配性な方は、ここで上司に確認するのも
ありだと思います!


流れをイメージできたら、Step.2・・・
足りていない情報はないか考えるのです!

具体的には、その行動をする際に
【迷ってしまう原因】を考えます!

次のようなイメージです!

**********************
 ①展示会に参加
  ・事前登録と参加費は必要なのか?

 ②ライバル会社のブースを調査
  ・ライバル会社はどれか
  ・どのような視点で調査すればよいか

 ③他のブースを回り、将来のライバル会社に
  なりうる会社がないか調べる
  ・将来のライバルになりうる会社はどれか

 ④報告書の作り方を聞く
  ・先輩から教えてもらった報告書の書き方で
   本当にいいのか
  ・何を報告書に書くのか

 ⑤報告書を作成して提出する
  ・途中チェックは必要なのか
**********************

といった感じですかね!


このように足りない情報を考えて、
ピックアップしておきましょう!





ピックアップできたら


 手順③
   調べればわかる情報を先に調べる

を行います!


これをやらないと上司に・・・



     「ネット見ろ!!!」



といわれることでしょう(笑)


こんなことにならないために、先に調べられる
情報は調べてしまうのです!



先程の例では下記三点です!

  ・事前登録と参加費は必要なのか?
  ・ライバル会社はどれか
  ・将来のライバルになりうる会社はどれか


展示会のHPには参加条件や参加企業が、
企業のHPにはどのような製品を扱っているかが
載っています。


このような上司に聞くよりHPで調べた方が
早いことは自分で調べておきましょう!!


また、同時に先輩に報告書の書き方を
教えてもらってください!


これらの情報を調べ終わったら手順④に移ります!

 手順④
   足りない情報を依頼者に確認する


ここでは、最終確認として依頼者と合意を
とっていくイメージです!

合意をとることで、自分勝手な判断は
0になります!
なので、必ず行いましょう!


ここで聞くことはもちろん・・・

 ①調べてもわからなかったことを聞く
 ②調べた内容を確認する

となります!

これは実例を見た方が理解できると思いますので、
メタルクの例を見てみましょう!

**********************

メタルク
 「ちょっとよろしいですか?
  展示会の報告書を作成する仕事に関して
  いくつか確認したいことがあるのですが、
  お時間よろしいでしょうか?」

上司
 「いいよ」

メタルク
 「まず展示会の参加に関してですが、
  参加料金はかからないので、出張申請以外
  の処理はしなくても問題ありませんか?」

上司
 「参加料金がなければ、大丈夫」

メタルク
 「続いて報告書なのですが、先輩から頂いた
  このようなフォーマットと記載内容で
  よろしいでしょうか?」(紙を渡す)

上司
 「大丈夫だ。これにそって書いてくれ。」

メタルク
 「また、報告書の途中チェックは必要ですか?」

上司
 「そうだな・・・水曜日の定時までに
  一回見せてくれ」

メタルク
 「わかりました。
  最後に展示会で回るブースを考えてきたの
  ですが、アドバイスをいただけませんか?」

上司
 「いいよ」(紙を渡して説明する)

 「大体OKだが、この○○という会社も
  マークしておいた方がいい」

 「ありがとうございます。
  私が考えたルートに○○会社を追加して
  展示会を回ってきます」

 「最後にもう一度復唱で確認させてください。
  ~~~」

**********************

このような流れになります!


どうです?
皆さんもできるような気がしませんか?

ダメダメだったメタルクでも、できるように
なったのですから皆さんもできるはずです!!



仕事ができるようになりたい そこのあなた!!
前回と今回の記事で得た情報を
今日から実践していきましょう!!

実践しない限り身に付くこともありません!!
仕事ができるようにもなりません!!!

なので「自分ならできる!」と信じて、
積極的に行動してみてください!


次回は指導した人から寄せられた質問に対する
回答を書いていきます!

それでは!今日も一歩前に進んでいきましょう!